BLOG

秋晴れの合間に。

前を向いて、たとえばある望みに辿りつきたいと動き出した時、
越えなければいけない哀しみがあるのだと分かる。
心の奥から指の先まで、さざ波のように伝わってくるそれは、
なんていうか、しびれにも似た痛み。
哀しいけれど、引き受けなければ、前に進めない何か。
でも、心地はそんなに悪くないって。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

Comments are closed.